0263-55-6915 お問い合わせ
MENU

NEWS

お庭作りのポイント②「効果的に魅せる植栽編」

安曇野市 M様邸 施工写真 詳細はこちらからご覧ください。

植栽と聞くと、「お水が・・・」「剪定が・・・」「お手入れが・・・」そもそも、「植栽は・・・」などお客様からマイナスのお話をよくお聞きします。
今回は、あえて植栽についてお話致します。
私個人的には、エクステリア工事において植栽は欠かせないアイテムと思っています。
シンボルツリーやサブツリーを入れ、高さの変化をつける事で、敷地の奥行や、立体感を演出する事が可能ですし、生垣を植えて目隠しの効果を果したり、下草をいれてお庭をより華やかに演出したり
植栽の用途は様々です。

パース図は門柱の後にシンボルツリーを植えた図です。
道路から、建物が直接見えてしまいます。
これでは、お部屋のカーテンを開けて過ごす事が難しいですね。

次に窓の前に植栽を植えてみましょう。

高さの違う高木を配置する。

窓の前にそれぞれ高さの違う高木を植えてみました。
高木が入る事で少し雰囲気が変わります。
ここでのポイントは、意図的に高さを変え奥行を出すようにしています。

このままでは少し寂しいですし、建物もほぼ見えてしまっていますので、駐車場とガーデンの間に生垣を植えてみましょう。

生垣が入る事で、目隠しになる部分が出来ました。緑が多く入る事により全体の統一感も出てきました。生垣の部分はフェンスでも大丈夫です。
フェンスの場合のデメリットとして、生垣よりもコストが高くなってしまいます。
このままでも良い雰囲気ですが、より華やかにする為に少し下草を入れてみましょう。

生垣・低木の前に下草を。

下草が入る事でより華やかになります。
一番最初のパース図から違う印象のお庭になっている事がわかります。
今回は、植栽をメインで構成したお話でしたが、次回はアルミ商材と植栽を組合わせるポイントについてお話したいと思います。

植栽の品種や、お手入れの方法、剪定の仕方などお庭についてのお悩み事やご心配事があればお気軽にメールまたは、お電話からお問合せ下さい。

一覧へ戻る
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

CONTACTお問い合わせ
TEL.0263-55-6915

平日9:00~18:00
定休日:水曜日

AtelierGreen

施工対応地域:
長野県塩尻市、岡谷市、諏訪市、松本市、安曇野市、大町市、伊那市とその近郊エリア

エクステリア&ガーデン設計施工専門店 アトリエグリーン
〒399-6462 長野県塩尻市洗馬496-6