0263-55-6915 お問い合わせ
MENU

NEWS

お庭作りのポイント④「駐車場編」

岡谷市 M様邸 エクステリア施工写真 詳細はこちらからからご覧ください。

駐車場についてお話致します。駐車場は、コンクリートやアスファルトで施工する事が最も多いカテゴリーです。今回は、コンクリートで施工したときのポイントを簡単にご説明致します。

前回まで使っていたパース図です。駐車場(グレーの部分)コンクリートを一面ベタ打ちしたようになっています。この状態ですとコンクリートの面積が大きすぎる為、将来ヒビ割れが入る可能性が大きいです。また、お店などの駐車場と違い白線がありません。この状態では、どのように自動車を停めたら良いか解りません。

コンクリートのヒビ割れ防止の為、目地を入れてその中にカラー砕石を入れてみました。
この敷地の駐車場は約12mありましたので、3m間隔で目地を入れました。
ここに自動車を停めてみましょう。

白線の代わりに目地を入れているため、駐車もし易いです。また今回は駐車スペースにゆとりがあるため、1台のスペースを3mとしていますが、実際はここまでのスペースは必要ありません。
自動車のサイズやご敷地の形状、道路付きによって駐車場の形やサイズも変わります。
詳しくは、お問合せ下さい。

街中で良く見るデザインの駐車場です。このデザインは、タイヤの乗る部分をコンクリートにし、そうでない部分をカラー砕石や芝生などでカバーする内容です。
私も良く使うデザインですが、大きな目地の部分を60Cm~90Cm位にされている駐車場がたまにあります。目地を大きくする事は少しお安くなるので良いのですが、あまり大きくすると脱輪や車種を限定したり、利便性を損なう事があります。ご注意下さい。

最後は、インターロッキングとコンクリートでデザインした駐車場です。他にも天然石と組合わせた駐車場や、緑化ブロック(ブロックの間を植栽やカラー石で設える素材。)などでデザインしたり組合わせたりと色々です。

今回は、駐車場の基本的なお話でした。実際は道路と建物までの高低差があり、それによって目地の入れ方や適切なデザインがあります。

また、将来カーポートを設置したい場合も注意が必要です。設計段階でカーポートの大きさ、柱の位置を含めて、ご検討しておく事が失敗のないお庭作りにつながります。
駐車場だけの工事としても、ご敷地全体でのエクステリア計画をご検討する事が大切です。

アトリエグリーンでは、ご希望のデザイン・使い方などをお聞きし、ご敷地に合わせご提案・設計・施工させていただきます。


一覧へ戻る
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

CONTACTお問い合わせ
TEL.0263-55-6915

平日9:00~18:00
定休日:水曜日

AtelierGreen

施工対応地域:
長野県塩尻市、岡谷市、諏訪市、松本市、安曇野市、大町市、伊那市とその近郊エリア

エクステリア&ガーデン設計施工専門店 アトリエグリーン
〒399-6462 長野県塩尻市洗馬496-6